鮮度にこだわり手作り”旨干し”にこだわる。
魚と干物の関係 旬魚の干物
京都北部の丹後半島の海岸線は、日本海の象徴である典型的なリアス式海岸と言えるほど起伏に富んでおり、特に丹後の沖合いの海は、寒流、暖流、若狭湾の戻り海流が複雑に絡み、非常に多くの魚介類が生息しています。丹後の各漁場には四季を通じて美味しい魚達が数々水揚げされ、店頭に並ぶ干物を見れば、その時期でに穫れる魚が一目瞭然というわけです。
丹後ひもの屋では旬を知らせてくれる魚達を港より直接持ち帰り一尾一尾手作りで旨干し干物に仕上げています。
ひもの屋のこだわり、旨干し干物
澄んだ空気と海風、陽の光を浴びて干し上がる「旨干し干物」
丹後ひもの屋独自の5つのこだわりに基づいて作り続けております。
5つのこだわり
ワンランク上の干物 浜塩干物
浜塩旨干しとは、塩水につけ込んで干し上げる従来の干物の手法ではなく、一尾一尾丹念に絶妙の加減で塩を馴染ませるひもの屋独自の手法で作られるワンランク上の「旨干し」です。完全に干し上げるのではなく、その肉厚な身を維持させたまま半生に仕上げられます。そのジューシーな身と味わいは料亭などで懐石料理の献立「焼き物」としてお出し頂いております。

※通常の干物の様には日持ち致しません。干し上げ後に即、冷凍真空保存してお届け致しますので解凍後はお早めにお召し上がり下さいませ。

丹後干物屋のちょっとかわった美味しい干物

丹後ひもの屋では、通常の魚だけでなく少しかわった食材をより美味しく食べれる為に干物にする研究を日々行っています。

ホタルイカの旨干し
ホタルイカの干物はホタルイカの名産地「富山県」などで有名ですが、実は丹後でもホタルイカは水揚げされます。この干物は、とにかくイカのワタの味が絶妙で、お酒のアテとしてなら、どんな珍味に劣らない旨さがあります。特徴的なのはその食べ方で、食べる時にライターなどであぶって加熱すると、ワタ独特の香りが広がり、より美味しく食べられます。
ノドグロ(赤ムツ)の旨干し
幻の魚とも称される高級魚。水深100メートル以上の海底に生息し、甲殻類、イカ類、魚類を餌としています。体色は名前の通り赤いのですが、口の中が黒いため山陰地方を中心にノドグロと呼ばれています。
焼いた身からは溢れんばかりの豊潤な脂がしたたり落ち、とてもジューシー。淡白な白身は上品な味をしています。
グラの旨干し
「ノロゲンゲ」と言い、その他「ドギ」「グビ」「シロゲンゲ」とも呼ばれる。日本海では9月から5月に掛けて底引き漁でカニ漁の合間に獲られます。鮮度が落ちるととたんにおいしくなくなるため、産地以外ではめったにお目にかかれない幻の魚です。漁港から持ち帰ったらその日の内に加工し旨干しにします。
グジの浜塩旨干し
寒い時期に美味しくなる高級魚の天然アマダイ(グジ)は熟練の技で絶妙な塩加減で乾燥機などは使わず天日干しで仕上げるワンランク上の浜塩旨干しにします。地元では、ごく新鮮な物は刺身で食べる事もありますが生よりも干物にしたほうが圧倒的に美味しい魚です。皮目はこんがりと、身のほうは黄金色になるくらいに焼き上げてお召し上がり下さい。
丹後ひもの屋