• ログイン
  • マイページ
  • 会員登録
  • カゴの中を見る
  • お問い合わせ TEL:0772-72-3023

丹後ひもの屋

商品カテゴリ
  • HOME
  • 当店自慢の松葉かに
  • こだわり干物
  • イカ
  • えび
  • 貝
  • 天然地物
  • 丹後の名産品
  • おすすめ商品
  • 商品カテゴリ
  • 商品カテゴリ
  • 商品カテゴリ
  • 商品カテゴリ
  • 商品カテゴリ
  • 商品カテゴリ
姉妹店紹介 レイクサイド琴引 澄海 Dinning琴引

セコガニの秘密

セコガニとは

松葉ガニの通称
セコガニとは松葉ガニの雌のことをいいます。丹後では「こっぺ」ともいい、山陰地方では「セコガニ」「親ガニ」、北陸地方では「香箱ガニ」「香箱」「セイコガニ」などともいいます。セコガニは甲羅の幅が7~8cm程で成熟し産卵するため、脱皮をしなくなります。その為に大きさは雄の松葉ガニと比べてかなり小さめです。(雄は脱皮を続けてどんどん大ききなります。)
セコガニの漁期は水産資源保護のため、11月6日~12月末迄のわずか2か月間となっています。

セコガニの選別

松葉ガニの選別
松葉ガニの雄と同様に、重量、色、足落ち、子無し、などで細かく選別されて各港の競りにかけられます。

セコガニの外子と内子

松葉ガニの卵
セコガニの内子とは、お腹の中にある卵巣のことで、濃いオレンジ色をした固まりになっていて、独特の風味があり、熟成されたチーズの様な触感と旨味があります。
セコガニの外子とは、お腹の外に溢れるように抱いている卵のことで、成長度合でオレンジ色やエンジ色の物があり、小さい粒粒になっています。プチプチとした食感と、噛めば噛むほど味わいが出るキャビアにも似た癖のなる珍味です。

活けセコガニの茹で方

活けセコガニのおいしい茹で方
丹後ひもの屋ではセコガニを拘りの秘伝の技で茹で上げております。是非ご賞味頂きたいのですが、どうしても茹でたての熱々でセコガニを味わってみたい方の為に、ご家庭で出来るセコガニの茹で方とコツをご紹介いたします。
活セコガニのご購入はこちら
  • 活けセコガニの茹で方1
    活セコガニを15分位真水に浸して〆ます。
    ※セコガニは活きたまま熱湯に入れますと、防衛本能で足をバラバラにします。
  • 活けセコガニの茹で方2
    セコガニをたわしなどで、きれいに洗います。
  • 活けセコガニの茹で方3
    セコガニがどっぷりと浸かる大きめの鍋にたっぷりとお湯を沸かし。海水程度になるように塩を入れます。
  • 活けセコガニの茹で方4
    沸騰したなべに、セコガニをお腹を上にして完全にお湯の中に入れます。
  • 活けセコガニの茹で方5
    セコガニがお湯から出る場合は、落とし蓋をして下さい。10分くらいかけて再沸騰させて、火を弱めて、約12分程度茹でて出来上がりです。
  • 活けセコガニの茹で方6
    セコガニを鍋から出して、軽く水洗いしてから、ざるなどにお腹を向けて揚げて下さい。

茹でセコガニの捌き方

茹でセコガニの上手な捌き方
雄の松葉ガニに比べて、足も小さく細くて、どうやって調理していいのかわからない方が多いと思います。ちょっとプロの裏技を入れて捌き方をご説明させて頂きます。それでも面倒だという方には、簡単便利、調理済みの「セコガニ玉手箱」」おすすめ致します。
セコガニ玉手箱のご購入はこちら
  • 茹でセコガニの捌き方1
    セコガニのお腹を上にして、外子を写真のようにはずします。外した外子は筋などをきれいに掃除して下さい。
  • 茹でセコガニの捌き方2
    左右の足を写真のように持ち、中へ折ります。
  • 茹でセコガニの捌き方3
    片方ずつ腹身のついた状態の足を外します。その時にカニ味噌と内子が付いていますので、甲羅に入れて下さい。
  • 茹でセコガニの捌き方4
    この様に解体できます。
  • 茹でセコガニの捌き方5
    腹身の付いている鼠色のヒダや皮などを取り除き、きれいにします。
  • 茹でセコガニの捌き方6
    包丁で腹身から足を外して、写真のようにはずした足の切り口を身がでやすいように少し切ります。
  • 茹でセコガニの捌き方7
    ご家庭にある「すりこぎ棒」などで、足の身を写真のように押し出して下さい。
  • 茹でセコガニの捌き方8
    腹身は真横から包丁を入れて下さい。
  • 茹でセコガニの捌き方9
    この様になります。
  • 茹でセコガニの捌き方10
    甲羅は、写真のように頭部中央の口元の様な所を指で押して外します。付いているカニ味噌と内子を外し甲羅に移して下さい。
  • 茹でセコガニの捌き方11
    カニ味噌と内子だけになり食べやすくなります。
  • 茹でセコガニの捌き方12
    カニ身取りの様な道具で、腹身から身を取りだすと、写真のようにきれいに盛付出来ます。このまま召し上がる時は、三倍酢などでどうぞ。

活セコガニの楽しみ方

セコガニの味噌汁 セコガニ漁師鍋
活セコガニを丹後ひもの屋で購入すると、セコガニは活きたまま到着致します。活セコガニの上手な楽しみ方は、やはりご家庭で湯がいて、熱々をお召上がり頂くことですが、それ以外でも又、違った味わい方がございます。ひとつは「セコガニの味噌汁」、湯がく時と同じように、真水で〆たセコガニを真っ二つに割って、お湯から入れて出汁を十分に出してお味噌汁を作るだけで簡単に出来ます。そしてもう一つは、漁師さんが船上で食べる「セコガニの漁師鍋」、これも同様にセコガニから出る出汁と薄い味付けで作ります。生のモサ海老やハタハタなどを入れると本格的な漁師鍋になります。
活セコガニのご購入はこちら

茹でセコガニの楽しみ方

セコガニ寿司 セコガニ飯
活セコガニを丹後ひもの屋で購入すると、セコガニは活きたまま到着致します。活セコガニの上手な楽しみ方は、やはりご家庭で湯がいて、熱々をお召上がり頂くことですが、それ以外でも又、違った味わい方がございます。ひとつは「セコガニの味噌汁」、湯がく時と同じように、真水で〆たセコガニを真っ二つに割って、お湯から入れて出汁を十分に出してお味噌汁を作るだけで簡単に出来ます。そしてもう一つは、漁師さんが船上で食べる「セコガニの漁師鍋」、これも同様にセコガニから出る出汁と薄い味付けで作ります。生のモサ海老やハタハタなどを入れると本格的な漁師鍋になります。
茹でセコガニ、セコガニ玉手箱のご購入はこちら